更新日:2016/12/09

アメックスのカードの中には、非常に高いステータスがあります。グリーンやゴールドなどはかなりステータスが高めになりますが、それ以上の高いランクも存在するのです。それがプラチナと呼ばれるランクです。

プラチナのカードは、いわゆる招待制になります。カード会社による招待が必要になるので、誰でも加入できるものではありません。審査の基準なども、かなり厳しめです。ところでそのカードには2つの特徴があって、まず1つ目がポイントの拡大になります。かなりハイステータスのカードに該当するので、ポイントも多く付与される事になるのです。

通常よりも三倍ほど高いポイントが付与される訳ですから、ヘビーユーザーの方にはメリットが大きなカードと言えます。それとアメックスには、コンシェルジュサービスもあるのです。いわゆる旅行のサービスになるのですが、プラチナはその中でもかなり手厚いタイプになります。このように内容が充実しているだけに、かなり高ランクの商品と言えるでしょう。



クレジットカードをキャッシュバック率の高さで選ぶ


クレジットカードで買い物することのメリットの一つがクレジットカードキャッシュバック率が高いという点です。例えば、買い物するとどんどんポイントが貯まっていくのですが、ポイントが貯まると、今度は割引や金券としてキャッシュバックされます。それが相当な金額になることも実際にありえます。ですから、この還元率が高いところでクレジットカードを作るのが一番お得というわけです。しかし、一概にどこが還元率が高いかは言い切ることができません。なぜなら各会社でイベント方法や、サービス内容、日時などが異なってくるからです。ある会社ではサービスデーたるものが存在し、還元率が3%となっています。

更に高い日になると、5%まで達するときもあります。これはかなりの還元率であるといえます。ですからこういった日を狙ってクレジットカードを使って買い物するのが一番賢い方法です。またこれほど爆発的な還元率がなくても、コンスタントに毎回買い物の度に1%確実に還元してくれるところもあります。

こういったサービスを事前に調べてからカードの申し込みをするのは非常に賢い選択です。また確実に還元率を上げるためには、クレジットカードを無駄に作らない事です。たくさん作ってしまうと、それだけお得さも分散されてしまいます。ですから、一枚のカードをいつも使うのがベストです。そうするとお得さも貯まっていき、更に賢くカードを利用することができます。せっかく利用するなら、よりお得に利用できるところを選ぶべきです。



理由で困った時は信用情報機関を活用


カード商品には、実はデメリットがあります。人々は、たまにマスコミによってカードのデメリットを垣間見ることがあります。断片的情報ではありますが、カード商品は全面的にメリットがあるとは言えないのです。

なぜなら申込したからといって、100%の確率で発行される訳ではありません。時には何かの事情があって、お断りになるケースもあり得るわけです。ただ人によっては、その理由がはっきりせずに困ってしまう事はあるでしょう。せっかくカードを作りたいにもかかわらず、よく分からない理由でお断りになってしまうのは、確かに困りますね。それがデメリットと言えます。

しかしそのデメリットは、信用情報機関などで解消できることもあります。情報機関では、実は登録情報などは確認する事が可能です。現在金融業界にどういった情報が登録されているかは、随時確認する事ができます。もちろん所定の手続きなどは必要です。 ですのでよく分からない理由でお困りの時には、その機関を利用すると良いでしょう。



審査なしで発行してもらえるETCカード


今やETCカードはどこの家庭にも普及し、非常に一般的な存在になりつつあります。車を購入すればETCの機械も標準で付いている時代です。誰でも利用できるETCではありますが、利用の際にはETCカードが必要です。機器に挿入して高速道路を走行しないと利用できません。料金は後払いという形で、提携しているクレジット会社の方から請求されるシステムになっているからです。

つまり、ETCカードを持つためには、提携しているどれかのクレジット会社のカードを持っていないといけないわけです。申し込みをすると、ETCカードを発行してもらえます。世の中には、事情があってクレジットカードを作れない、審査が受けられない方もいます。でも、ETCを利用しなければならない、そんな場合もありますよね。審査がないETCカードについてはそんな方たちにおすすめなんです。審査なしのカードです。

高速道路会社が発行しているカードなので、クレジット機能はついておらず、審査も必要ありません。本人確認の書類と料金引き落とし用の金融機関の口座があれば、誰にでも発行してもらえます。申し込みの際、デポジットと呼ばれる保証金の振り込みが必要ですが、手続きが済めば郵送でカードが届きます。デポジットや年会費などがかかってしまい、少々割高になる場合もありますが(解約の際は、デポジットは返金されます)、審査なし、というのは本当に助かりますよね。クレジットカードをあえて作りたくない人にもおすすめです。



紐付けETCカードはポイントが高いカードがおすすめです


ETCカードを作ろうと思いいざ資料を調べてみたら、あまりに沢山の種類があって迷ってしまうという方は多いと思います。確かにETCカードにはクレジットカード会社が発行する紐付けカードと、高速道路事業者が発行する単体カードがあります。

後者は決まった区間を何度も利用する等の大口利用者には非常にお得なカードなのですが、利用区間がバラバラの人やたまにしか高速道路に乗らない方には損をするカードになってしまいます。ですから個人利用の方はほとんどがクレジットカードの紐付けカードを作っている事になります。では新規で作る場合はどのような紐付けカードが良いのでしょうか。紐付けカードの場合、普通のクレジットカードを作る事がまず必要になりますが、この際狙うのはポイント還元率が高いカードを狙うようにします。

カードによってはポイント還元率が0.1%の物があったり、1%の物があったりしますが、もちろん還元率の高い後者をおすすめします。それともう一つ、ETCは外販利用扱いになりますので、いくら還元率が高いカードを契約しても外販でポイントなしでは話になりません。よっておすすめなETCカードは外販利用でもポイントが付き、かつ外販の還元率の高いカードと言えるでしょう。



ページのトップへ戻る